人気の携帯型水素水生成器・高濃度水素吸入器・お風呂用水素水生成器を厳選!
安心の「販売元公認通販」サイト

TEL.0120-320-783 平日・土日・祝日 9:00〜20:00

「気象病」の危険…

最近「気象病」という言葉がよく聞かれるようになりました。

「湿気が増えると、古キズがうずく」「空気が乾燥すると、咳が出て」など、よく耳にする言葉ですが、なぜお天気が変わると多くの人が体の不調に陥ってしまうのでしょうか?

 

わたしたちの体は知らない間にお天気の影響を受けています。気温はもちろん、気圧や湿度などの変化がわたしたちの体調に隠れた影響を及ぼしているのです。とくに急激に気圧が変化する前線は気象を劇的に変化させ、わたしたちの体調に大きな影響を与えます。近年の温暖化を原因とするゲリラ雷雨などの異常気象による急激な気象の変化もわたしたちの体に大きな影響を及ぼしています。

 

気象の変化が体調に影響を与えることでなんらかの症状を発症したり、悪化させたりする病気を「気象病」と呼ばれています。気象病は天気の変化が発症のきっかけとなるため、別名「お天気病」とも呼ばれています。

 

以下になぜお天気が変わると、気象病と呼ばれる一連の病気を発症するかを検証してみましょう。

 

リウマチ、頭痛から脳出血まで 

気象の変化を原因として病気を発症したり、悪化させたりする気象病には、どのようなものがあるのでしょうか。

 

気象病といわれる病気にはさまざまなものがありますが、そのうちの代表的なものとしては、古傷の痛み、頭痛、関節リウマチ、神経痛、狭心症、血栓、尿路結石、気管支喘息、心筋梗塞、脳出血、感冒、胆石、急性虫垂炎などを挙げることができます。さらに、難病といわれるベーチェット病やうつ病などの精神障害なども気象病に含むことができるといわれます。

 

これらの自然の気象変化を原因とする病気とはまた別に、室内の気象変化が原因で生じる冷房病なども気象病に含むことができるという意見もあります。気象病に含まれる病気が意外と多いことが分りますね。

まさに今の季節が大変危険である事を報道していました。

日中と夜間の気温差や週単位で変化する最高気温と最低気温がそれです。夏の猛暑・酷暑に疲弊した体力が平常に戻る前に打撃を受けているために、体調が崩れるそうです。

 

こうした問題にも「水素水」が活躍する事は言うまでもありません!

こまめに、レシピ通りに飲用されている方には無縁の「気象病」ですね。

 

 

水素水生成器「My神透水ボトル」

メールマガジン登録のすすめ!  水素水に関する最新情報をはじめ、特典キャンペーンや新製品情報など、いち早く皆様へお届けしています。お得な情報を皆様の美容・健康生活にお役立て下さい。「水素水ナビ登録」

    こちらから>>

メルマガ登録QRコード

(空メール登録)

全国の皆様の健康な暮らしを願う『いいね!』をお願い致します。

健康生活に役立つ情報を発信しています。

My神透水ボトル「水素水効果ブログ」

水素水効果をお役立て下さい!

2017年7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2017年8月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

休日もお電話受付ております!