人気の携帯型水素水生成器・高濃度水素吸入器・お風呂用水素水生成器を厳選!
安心の「販売元公認通販」サイト

TEL.0120-320-783 平日・土日・祝日 9:00〜20:00

スティックタイプの有害物質

日本水素水振協会から水素水生成器としての製品認定登録を取得した事は、当ホームページでもご紹介致しました。
昨日、当協会より資料が送られてきましたが、改めて驚いた情報がありますので、ご報告致します。

以前から「スティックタイプ」のものは成分に問題がある事を、様々な方面より指摘されています。
しかし、今回の資料の中で「スティックタイプによる生成水素は、別表の有害物質含有基準に適合していること」という測定基準が設けられています。

その有害物質含有基準成分をあげますと・・・
・カドミウム
・水銀
・鉛
・ヒ素
・六価クロム
・フッ素
・セレン
・シアン
・硝酸態窒素
・ホウ素
などです。どうですか?  マグネシウム成分も体内臓器(腎臓や肝臓など)への蓄積が懸念され、警鐘を鳴らされていますが それ以上にスティックタイプによる生成水素にはこれだけの有害物質が含有されている製品もあり、協会基準に適合(ある数値以下である事)している事を求めています。

日本水素水振興協会の認定基準は、大変厳しいものですが 「一部企業の製品には溶存水素量が極端に少ない事」や「有害物質が含有されている事」で、消費者の不安や混乱を解消し生活向上に寄与することで水素水の より健全な発展を図る目的で設立されました。

●自社が表記する溶存水素濃度や、pH値だけでは信頼性に欠ける   事を意味しています。

我々も、スティックタイプにこれだけの有害物質が含有している可能性があるとは知りませんでした。

認定基準の実態は、スティックタイプや容器入り(パウチパック)の製品を提供する企業へ、測定や認証を促しても測定には至ってないようです。

●「My神透水ボトル」は、当協会が設立して測定告知を受けて 即製品本体と自社データを送り、水素水生成器として最初に認定を受けました。

第三者の専門機関での測定は極めて重要であり、自社だけの推奨では本当の安心・安全な商品は提供できません。

今一度、スティックタイプや、容器入りを使用しているユーザーは しっかりとした第三者機関から製品認定を受けたものをご使用された方が宜しいかと思います。
(今現在は 多くはありませんが…)

当然 多額な費用を要する測定検査や認証登録ですが、消費者の不安や情報の混乱を避けるためには必須です。

スティックタイプや容器式の製品も多少の効果はあるかと思いますが、前述した有害物質も体内に蓄積していては本末転倒です。


水で生成した水素水・・・水以外の成分を混入させない生成法・・・いわゆる水の電気分解方式  ⇒  シンプルに考えませんか?


 

水素水生成器「My神透水ボトル」

メールマガジン登録のすすめ!  水素水に関する最新情報をはじめ、特典キャンペーンや新製品情報など、いち早く皆様へお届けしています。お得な情報を皆様の美容・健康生活にお役立て下さい。「水素水ナビ登録」

    こちらから>>

メルマガ登録QRコード

(空メール登録)

全国の皆様の健康な暮らしを願う『いいね!』をお願い致します。

健康生活に役立つ情報を発信しています。

My神透水ボトル「水素水効果ブログ」

水素水効果をお役立て下さい!

2017年4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

休日もお電話受付ております!