人気の携帯型水素水生成器・高濃度水素吸入器・お風呂用水素水生成器を厳選!
安心の「販売元公認通販」サイト

TEL.0120-320-783 平日・土日・祝日 9:00〜20:00

お届け前の「水素水生成検査」

さて今日は、水素水生成検査について詳しくご説明致します。

 

ご注文を頂いた際に必ず水素水生成検査を行ないますが、お使いになる地域によって水温や水質などが異なる事を配慮しながら行っています。

弊社では、年間をいくつかに分けて「常温」を設定しています。

例えば春先ですと、家の水道の温度はだいたい18℃前後、夏場は23度前後、秋冬ですと15℃…という感じです。

また、直接の水道水や浄水器透過水使用などの使用水環境も想定しながら行います。

 

基本的には、常温ですと水道水とブルーソーラーウォーターを使って2回、次に常温3分の2と温水3分の1を同じく水道水とブルーソーラーウォーターで2回、最後に低めの水温(水道水)で1回…と5~6回程度の生成検査を行ない、水素水の生成具合と濃度チェックを行っております。

 

やはり、ブルーソーラーウォーターを使った時の濃度が一番高く、この時期(常温で23度)ですと生成時に1.27ppm程度まであがります。(ちなみに水道水ですと1.14~1.18ppm)

ブルーソーラーウォーターの温水ですと1.3ppmを超えますので、ブルーソーラーウォーターをお薦めする訳がご理解頂けるかと思います。

 

生成時に一定基準を超えない場合や生成作動に不具合がある場合については出荷せずに、メーカーへ戻して再検証をお願いしています。

 

よくお問い合わせで「メチレンブルーで検査を?」と聞かれますが、水素水かどうかをチェックするだけの液体を入れてのチェックは行っていません。(濃度レベルのチェックですので)

当然水素濃度測定器は、水素水にしか反応しませんのでご安心ください。

 

従いまして、結論は「ブルーソーラーウォーターを温水にして、ブルーソーラーウォーターの常温と1:3で使う事」です。

この時期はどうしても冷たい水が欲しいですが、効果=水素の活性酸素撃退率 を考慮した場合は、この比率が一番です。

 

体調が悪い方や持病にお悩みの方は、是非この比率で早期改善を体験されて下さい。

 

もう一度…「My神透水ボトル」は300ccですので、200ccを常温のブルーソーラーウォーターを入れて、残りの100ccをブルーソーラーウォーターの温水です。

この時に、先に必ず常温から入れて下さいね。

この割合は、水素の濃度が高くなるだけでなく、水素溶存時間も長持ちします。

と言いましても、どこかの製品のように 5日間とかの奇怪な期間ではありません。6時間程度だと思ってください。

 

できるだけ高濃度の水素水をできるだけ生成時に、少量を何回かに分けて飲む!・・・これが「水素水効果」を高める飲み方です。

 

さらに詳しい「飲み方・飲む量・飲むタイミング・使う水」については、同封の「使用ガイダンス」を良く読んで活用されることをお薦め致します。

 

 

 

正しい飲み方は、健康への近道です!            【新型】水素水生成器「My神透水ボトル」

 

メールマガジン登録のすすめ!  水素水に関する最新情報をはじめ、特典キャンペーンや新製品情報など、いち早く皆様へお届けしています。お得な情報を皆様の美容・健康生活にお役立て下さい。「水素水ナビ登録」

    こちらから>>

メルマガ登録QRコード

(空メール登録)

全国の皆様の健康な暮らしを願う『いいね!』をお願い致します。

健康生活に役立つ情報を発信しています。

My神透水ボトル「水素水効果ブログ」

水素水効果をお役立て下さい!

2017年9月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

休日もお電話受付ております!