人気の携帯型水素水生成器・高濃度水素吸入器・お風呂用水素水生成器を厳選!
安心の「販売元公認通販」サイト

TEL.0120-320-783 平日・土日・祝日 9:00〜20:00

各地で猛暑!…『熱中症』の対策

全国の27拠点で「猛暑」…35℃超えを記録して、848人が緊急搬送との報道がありました。

次々と例年より早い梅雨明けに、タカダが対応できません。特に病弱な方や子供・高齢者は、反応適応力や機能認知が脆弱ですから余計に判断を誤ります。

熱中症は屋外に限らず、湿度によって室内でも充分発生します。

 

【熱中症は、家の中で‥が45.6%】

近年平均気温も高くなってきていることもあり、夏場になると、熱中症で倒れる人のニュースを毎日目にします。

熱中症の全死亡者数の87.4%が60歳以上の方ですので、60歳以上の方は注意が必要です。

 

熱中症は、屋外の炎天下で運動している時に起こりやすいのですが、室内でも条件によってはおこることがあります。

 

今回は、熱中症が室内ではどんな時に起こるのか、またその予防としての水分補給についてご紹介します。

 

  

【こんな症状に注意!!】

 

熱中症とは、体温が上昇することで、体内の水分や塩分が低下し、脳への血流も不足してその機能まで低下してしまう状態です。

 

発見と手当が早ければ軽症で済みますが、「熱射病」のように重傷化すると、頭痛や嘔吐、めまいやだるさを感じたり、さらにひどくなると、意識障害を起こすこともあります。

 

【対策は簡単】

 

人間のカラダは、約55~60%は水分で、体重の2%の水分が失われると脱水状態になり、のどの渇きを激しく感じ始めます。

 

体重減少が2%以上にならないために、汗をかく夏は、運動をしていなくても、早め早めに水分補給をすることが大切です。

 

飲むべき量というのは、体格や体質や年齢によっても異なりますが、暑い時期は普段よりも汗をかくことで水分が失われますから、意識して水分を補いましょう。

 

ただ、一度にガブガブと大量に飲むと、胃液を薄めてしまい、消化不良を起こすことに繋がります。

 

飲むときは、1回小さなコップ1杯、200ml程度を、最低でも1日に3回の食事プラス、10時、3時、寝る前など5~6回飲めば、1日1,000~1,600ml程度の水分が補給できます。

 

さらに、その水分…を「水素水」にして飲用して下さい。さらに さらに、その水は「ブルーソーラーウォーター」をお使いください。

水素溶存量が格段に増えて、少量でも効果を発揮します。

 

水素溶存量は多いに勝るものはありませんので、熱中症の対策だけでなく生活の中の健康改善に最も適する飲料です。

 

 

【新型】水素水生成器「My神透水ボトル」&ブルーソーラーウォーター

 

メールマガジン登録のすすめ!  水素水に関する最新情報をはじめ、特典キャンペーンや新製品情報など、いち早く皆様へお届けしています。お得な情報を皆様の美容・健康生活にお役立て下さい。「水素水ナビ登録」

    こちらから>>

メルマガ登録QRコード

(空メール登録)

全国の皆様の健康な暮らしを願う『いいね!』をお願い致します。

健康生活に役立つ情報を発信しています。

My神透水ボトル「水素水効果ブログ」

水素水効果をお役立て下さい!

2017年9月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

休日もお電話受付ております!