人気の携帯型水素水生成器・高濃度水素吸入器・お風呂用水素水生成器を厳選!
安心の「販売元公認通販」サイト

TEL.0120-320-783 平日・土日・祝日 9:00〜20:00

アトピーと塩素

塩素というと、トリハロメタンに発ガン性があるということはご承知のことと存じます。それで、多くの方がその防御手段として、家庭用浄水器を使ったり、飲み水としてミネラルウォーターを買ってくるということが、今日ではなされています。


現在水源地の汚染が改善されないかぎり、自衛として当然のことと思いますが、ただ残念なのは、なぜ皆さん飲み水だけに注意が注がれているのかということです。
化学物質の吸収経路は消化管、呼吸器、そして皮膚なのです。

 

まだ水の汚染が少なく公害問題が取り出されたる以前、1960年代あたりまではおそらく各地の水道水の塩素濃度は、毎日の生活の中でフロやシャワー(シャワーは水が玉状になって表面積も増すため、短時間で大量の塩素を暴露するためフロ以上に影響が大きい)を浴びることで慢性的な刺激を受け、一部にはアレルギーとして反応し、塩素皮膚炎(提唱)が従来からあるアトピー性皮膚炎という形で表現され、または、アトピーの誘発要因として働いているととらえております。


アトピー性皮膚炎は、塩素という化学物質過敏症の側面を持っているということです。

 

温水は冷水よりも塩素が遊離しやすいので、刺激を感じやすくなります。
風呂で痒くなるのは、温度刺激よりも塩素による化学的刺激が主体といえます。

 

一般に都市部ほど塩素濃度が高いのは周知の事実ですが、アトピーの患者さんも都市部に多いのです。

例えばある都市部の塩素濃度を示しますと、O市で1.5ppm  Y市では1.2ppm と、何とプールの水以上に塩素濃度が高い水道水を日常生活で使用していた事になります。

 

ですから、ブルーソーラーウォーターを奨める根拠になります。

 

子供だけでなく、今の時代は大人でもアトピーや皮膚炎になる原因は水道水の塩素であることを認識する必要があります。

 

 

ブルーソーラーウォーターを使いましょう!

メールマガジン登録のすすめ!  水素水に関する最新情報をはじめ、特典キャンペーンや新製品情報など、いち早く皆様へお届けしています。お得な情報を皆様の美容・健康生活にお役立て下さい。「水素水ナビ登録」

    こちらから>>

メルマガ登録QRコード

(空メール登録)

全国の皆様の健康な暮らしを願う『いいね!』をお願い致します。

健康生活に役立つ情報を発信しています。

My神透水ボトル「水素水効果ブログ」

水素水効果をお役立て下さい!

2017年7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2017年8月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

休日もお電話受付ております!